みんな貧乏が悪いんや

今日も明日も節約

小規模企業共済 その3

   

申込用紙はもらったのでまずは記入。
記入するのは契約申込書と預金口座振替申出書の2つ。

契約申込書はその名のとおり契約に必要な内容を記入します。
氏名、住所、事業内容等。
ここで一番重要なのは掛金の金額。
月70,000円、年間840,000円がMAX。
当初は70,000円にしようと思いましたが、もしものことを考えて月50,000円にしました。
後は前納金を11ヶ月分、600,000円と記入。
これで今年の確定申告で600,000円控除されることになります。

次に、預金口座振替申出書。
これは掛金が引き落とされる金融機関を記入します。

後は必要箇所に捺印して記入は完了。

今後の流れ

  1. 預金口座振替申出書の取扱店確認欄に記入した金融機関で捺印してもらう
  2. 商工会議所に契約申込書と預金口座振替申出書を提出

中小機構のホームページ見ると600,000円は商工会議所にもっていけばいいのかと思って
ましたが、そうではなかったのが後日判明しました。

 - 節税

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
小規模企業共済 その1

9月末に私は会社を退職しました。 10月より個人事業主として働いています。 サラ …

no image
小規模企業共済 その2

申し込みするためにまず申込用紙が必要になります。 以下の方法で入手ができるようで …

no image
住民税支払い

今年は途中で会社員から個人事業主になったため給料から天引きされていた住民税の支払 …

no image
小規模企業共済 その4

必要書類は記入完了。 まずは掛金が引き落とされる銀行へ行って取扱店確認欄に捺印し …

loxonin1
セルフメディケーション 平成29年からの新制度

セルフメディケーション 税制 セルフメディケーション税制をご存知でしょうか? 平 …